『光と影』

旧ブログ気まぐれ童人の流れをくみながらも、いち写真家としての独自の感性を強くしていきたいという思いから、『光と影』と成りました。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | コメント: -- | edit

4月末の信州軽井沢 

おはようと早朝投稿の気まぐれ爺です。

周りの雑音を気にせずに、心穏やかに棲みきったどこまでも見通せそうな日々を過ごせたら、心身共に健全なる営みができるとおもいつも、中々思うように至らない現実に少々、へこみがちな爺です。
という訳ではないんでしょうが、blogもほど通り勝ちです。(ノ_-;)ハア…

いまさらカタクリとおもうけれども、軽井沢と我が町との標高差は約1000mで、カタクリの咲く時期が約1か月のずれがあります。

DSC_1787_2015052203442601c.jpg

DSC_1781.jpg

カタクリと朝寝中のアズマイチゲ

DSC_1823.jpg

カタクリが咲く時期の軽井沢は、キンポウゲ科イチゲ属の花が一斉に咲き誇る。

西洋種のアネモネ.ネモロサ

DSC_1887_20150522034421800.jpg

二輪草がおしとやかなら、こちらはもうね。

DSC_1867.jpg

DSC_1883.jpg
DSC_1853.jpg

チチブシロガネソウ
二輪草より小ぶりで、丸みのある白いガク編が5枚上向きに咲く。

DSC_1922.jpg

DSC_1928.jpg

ヒゲ爺、シロガネソウの変り種。

DSC_1940.jpg


ほかの花が朝寝中のなか、一輪だけ目を覚ましていたキクサキイチゲ

DSC_1805.jpg

ツボスミレ

DSC_1961.jpg

トガクシソウマ

DSC_1814.jpg

ネコメコソウ

DSC_1847.jpg

ナズナなれども、本州早池峯山、北海道夕張岳の高山帯の岩場に群生して咲く多年草だけれども、軽井沢植物園で見ることが出来る。

DSC_1991.jpg

DSC_1970.jpg

DSC_1985.jpg

なかなか、写真を撮るにしても、気持ちが乗り、心躍るシーンにめぐり合えなくて、平凡一途な写真になりがちで、投稿数も少なくあいスミマセン。

では。。

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://10410san.blog.fc2.com/tb.php/446-91e70998
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。