『光と影』

旧ブログ気まぐれ童人の流れをくみながらも、いち写真家としての独自の感性を強くしていきたいという思いから、『光と影』と成りました。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | コメント: -- | edit

花それぞれの輝きを演出するものは・・・ 


気まぐれ爺です。

なんか訳の分からない暑い日が続いていますが、皆様の体調は如何でしょうか。
この時期から熱中症対策して仕事をするって、はじめてかも・・・
今年の夏はどうなるんだろうね。冷夏(; ̄ー ̄)...ン?

季節外れの暑さのせいにする訳ではありませんが、blogに投稿する写真が遅れ気味なのも、体調と相談しながらの結果なので悪しからず。

妙義岩桜、桐生のカッコウソウと、どうしても撮りたいと願い現地へ赴きながらも山登りできる体調出ないと判断し引き返したりして、ちと悔しい思いをしているんですわ。

丘陵のようなところならば、普通に歩けるから、自然と体力がつく方向で
しばらくはそちら狙いで野山を探索して見たいと思ってます。

そんななかでの少林山達磨寺庭園と信州は軽井沢(信州編は続編あり)にて、4月26日(日)に撮影した花々です。

まずはシャガ(著莪)狙いの少林山達磨寺から。

DSC_7973達磨寺

冬でも枯れない常緑性の光沢のある細長い葉の美しさとアヤメ科の中では、引きこもりがちな環境に咲きながらも陽光を受けて輝く様は、シルクのドレスが舞うようです。

DSC_7985達磨寺

DSC_7969達磨寺

お日様の温かみの中にきらめく花って、なんかホッとしませんか。

DSC_7742達磨寺

DSC_7744達磨寺

DSC_7756達磨寺

DSC_7733達磨寺

DSC_7757達磨寺

DSC_7724達磨寺

DSC_7727達磨寺

本来は寄って撮ると見栄えのする花なんでしょうが、一歩引いた目線で周りの雰囲気をも楽しむって、良いと思いませんかね。

ウマノアシガタ、名前もさえない花やけれども、周りを取り込んだ情景で、不思議な雰囲気をかもし出す役者にもなる花なんですね。

DSC_7825達磨寺

DSC_7843達磨寺

DSC_7806達磨寺

DSC_7815達磨寺

DSC_7808達磨寺

セイヨウオダマキ オダマキと爺との因縁なんですけれど、自生のミヤマオダマキの出会いはいつも思いがけない場所で突然目の前に飛び込んでくるんですよね。
なぜなんでしょうかね。偶然(; ̄ー ̄)...ン?

このセイヨウオダマキも、庭園の奥でひっそりと咲いていました。

DSC_7916達磨寺

シャガ同様に葉の美しさと可憐な鈴のような花、本来鼻のほうに目が行きがちですが、引いて見る美しさもあるスズランです。

日本スズランは、これから開花するので、これはドイツスズランです。

DSC_7904達磨寺

DSC_7878達磨寺

DSC_7872達磨寺

DSC_7861達磨寺

十二単

DSC_7958達磨寺

これより信州、軽井沢編です。

水芭蕉

DSC_1712長野.

DSC_1718長野

DSC_1714長野.

オランダガラシかな(; ̄ー ̄)...ン?

DSC_1694長野.

スズシロソウ

DSC_1657長野

DSC_1661長野.

本来は、、浅間高原か桐生の自生地で撮りたかった カッコウソウ (軽井沢植物園)

こちらは、シコクカッコウソウ

DSC_1613長野

DSC_1598長野

DSC_1604長野

関東、中部地方南部、四国、九州の山地に稀に産する多年草で、全草に白い軟毛が密にはえているのがサクラソウとの違いかな。

タッタソウ

DSC_1553長野

DSC_1565長野

ヒトリシズカでも咲き始めの頃。

DSC_1721長野

DSC_1724.長野jpg

DSC_1742長野

DSC_1736長野

アンさんのネモフィラと前々回のふじに関してのおまけ、記事

↑と同じ日の高崎公園通りでのスナップショット

DSC_8051.jpg


機会が有ったら撮ってみたい場所です。

北九州市河内藤園のふじ棚のトンネル

10403

国営ひたち海浜公園のネモフィラの花丘

10404

素晴らしい写真をとられた方の作品を見ると心が躍るんだけれど、管理され努力された作り手の結晶の美しさを台無しにする心無い者の行いがどれ程、心痛めるものかわからない日本人が生まれることを花あい出る人にたいして恥じるいる気持ちになるわ。

では。。

コメント

水芭蕉私も 
たくさん北海道でみてきました~
タッタソウ綺麗な青い花何ですね~
そうそう~すずらんって
ドイツとかあったんですね(笑)
北海道のスズラン残念ながら
まだ 固い蕾でしたよv-292

河内藤園のふじ棚あそこは
去年行ったけど
めちゃキレイでした( *´艸`)
今年は逃したけど~来年また行きたいところです!

あねさん #- | URL | 2015/05/19 08:01 * edit *

Re: あねさん、お久しぶりです。

あねさんたちの行動力には感服しますわ。
今の爺では、夢のまた夢ですかね。

後4年辛抱して、自由な翼を手に入れないと、全国津々浦々を飛べないすね。
山に咲くものという感覚でいるせいか、北海道のスズランに水芭蕉って、平地に咲いているからおかしな感覚にとらわれませんか(; ̄ー ̄)...ン?
タッタソウの花って、花輪郭が大きくなればなるほど、なんともいえない葵に近い色合いになるんですよね。
これも北海道なら、普通に咲いているんでしょうかね。

これは地元であることが、羨ましすぎる河内藤園のふじ棚、もう綺麗なのはわかりきっているんですが、早朝、朝日が昇り見頃を迎えたふじのトンネルの輝く様を想像すると、居ても立ってもいられませんよ。
あねさんでも、また逝きたいと願うふじ棚って、ため息でますね。o(~○~;)o ハァハァ

ほんまにお気遣いのコメントを有難う御座いました。<(_ _)>

気まぐれ爺 #SFo5/nok | URL | 2015/05/20 16:33 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://10410san.blog.fc2.com/tb.php/445-ed72215f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。