FC2ブログ

『光と影』

旧ブログ気まぐれ童人の流れをくみながらも、いち写真家としての独自の感性を強くしていきたいという思いから、『光と影』と成りました。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | コメント: -- | edit

古墳と桜 

こんばんわ。
気まぐれ爺です。

遅ればせながらの投稿で申し訳ありませんが、今の爺にはこのくらいのペースでないと気が乗らないんだよなぁ~(_ _。)・・・シュン

今日は菜種梅雨から開放されて、暑いくらいの陽気になり、汗だくでした。

桜が咲き、桜吹雪舞って葉が出て緑が増すことに気をとられている間に、季節はめぐり、ふと足元を見れば、シャガが咲き、仕事先の空き地には、蓮華草が咲いている現実に戸惑いともうこんな時期なのかという驚きに満ちた爺がいる。
季節の営みをふと忘れかけていた爺には新鮮な驚きても有ったわ。
いろいろと世知辛い思いで久しく忘れていた巡る時の流れに、春の思い出が脳裏に湧き上がって、なんか力んでいたものが消えていくような心地よさを味わった今日でした。

桜に視線がいっている間に咲いている花々が本来の自分の見つめ方なんだけれども、ことしは桜しか爺の視線がいっていなかったことに、少し、罪悪感を感じつつ、投稿が遅れましたが27年4月3日(金)に撮影した藤岡市の白石稲荷山古墳と七輿山古墳の桜です。

ただ、爺の思う処と写真への至りなさがあり、投稿を躊躇したくなっているので、枚数は、今後は減るかも知れません。

吉名に。

藤岡市白石字稲荷原の白石稲荷山古墳の桜 国指定

白石稲荷山古墳

規 模 全長175m前方部前幅148m高さ6m後円部径92m 円部高さ13.5m

と、とても巨大な古墳になるわけだが、丘の頂上を利用して造られているため、どこまでが墳丘なのかわかりにくく、正直、七輿山ほどの巨大感がない。
ちなみにブログの表紙に使っているのも、白石稲荷山古墳です。

白石稲荷山古墳の桜
白石稲荷山古墳の桜と菜の花
白石稲荷山古墳の桜と花大根
DSC_0089_20150416195618fe7.jpg

稲荷山古墳は175mもあるにたいし、七輿山古墳は145mと規模は小さいが、6世紀代の古墳としては東日本最大級であることからも、古墳としての完成度は高く、稲荷山古墳よりも七輿山のほうが墳丘としての巨大感と迫力ははあるわ。

七輿山古墳の全景

藤岡市上落合字七輿の七輿山古墳  県指定

七輿山古墳の桜7320s

全長145m前方部前幅106m高さ16m後円部径87m 円部高さ16m

七輿山古墳の桜2
七輿山古墳の桜4
七輿山古墳の桜5s
七輿山古墳の桜6s
七輿山古墳の桜8s
七輿山古墳の桜9s
七輿山古墳の桜7307s

爺個人的には、白石稲荷山古墳の桜の方が柔らかな感じがして好きなんですが、古墳らしさに惹かれるのか、皆さんは七輿山古墳の方がお好きらしくて、花見、写生と楽しんでおられました。
でも、楽しんでおられる敷地内は、本来は立ち入り禁止なんですが、管理する方もこの時ばかりは見て見ぬふりのお目こぼしのようです。

序での付属扱いの上に投稿間隔が開き時期外しで情緒もなく申し訳ありませんが、小串のカタクリの最終編です。

DSC_6365_201504162056327f0.jpg
DSC_6412.jpg
DSC_6361.jpg
DSC_6436.jpg
DSC_6386_20150416205629ea6.jpg

次回、・・・・しつこくも桜編が続き、観音山の桜になります。(-。-;)

では。。ニーゲチャオーット......(((^^;

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://10410san.blog.fc2.com/tb.php/441-794e229b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。