FC2ブログ

『光と影』

旧ブログ気まぐれ童人の流れをくみながらも、いち写真家としての独自の感性を強くしていきたいという思いから、『光と影』と成りました。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | コメント: -- | edit

榛名山麓と少林山達磨寺の山百合 


どうも、気まぐれ爺です。

ニュースを見ていないので、確かではないが梅雨明け宣言が出たかもしれない今日この頃、日本で暑い所とされるわが地方、夏本番の猛暑は、先が思いやられますが、近隣の山では、夏の風物詩として語られることが多いヤマユリが大輪の花を咲かせています。

DSC_5012_20140722205216f20.jpg

その清楚な容姿はユリの中でも美しく「ユリの女王」と呼ばれるにふさわしい山野に漂う品格のある甘く強い香りは、他の花を圧倒する存在感があり山の女王にふさわしい香気ですね。

DSC_5058.jpg

撮影は、全て7月13日に榛名山麓と少林山達磨寺にて。

DSC_5218_201407222052123b8.jpg
DSC_5020.jpg
DSC_5029.jpg

おさらい、 ヤマユリ(山百合)ユリ科ユリ属の日本特産種で、本州の近畿以北から東北地方に分布し、花姿は茎を1本立て花時には、高さ1m~1.5mになる大型の多年草です。
夏に、茎頂に花柄を分けて、数個から時に20個余りの大きな花をつけます。花色は白色ですが、中脈に沿って黄班が入り赤褐色の斑点が多くあります。

DSC_5133.jpg
DSC_5280.jpg
DSC_5286.jpg

ヤマユリのつぼみが開花する直前はオレンジ、赤色がかっており、花を開くと、花の裏側に色が残る。

榛名のオミナエシ(女郎花)
オミナエシ科 オミナエシ属の日当たりの良い山野の草地に生え、高さは60~120センチになり、茎は直立して上部で分枝し、葉は羽状に深裂します。
また、十五夜(旧8月15日)に飾る秋の七草のひとつであり、万葉集や源氏物語にも登場する日本人には古くから馴染みの深い植物で、日本~東アジアにかけて分布する多年草です。

DSC_5021_201407222101346e3.jpg
DSC_5042.jpg
DSC_5026.jpg

ヒメヤブラン(姫薮蘭)ユリ科 ヤブラン属
ヤブランを小さくしたような花、という意味合いで付けられた名前でしょうが、花はヤブランとそっくりです。
でも、花の数が圧倒的に違う。

DSC_5111.jpg

長い花穂を伸ばしてたくさんの花をつけるヤブランに対して、ヒメヤブランは数個の花をチラホラと咲かせます。
葉の太さも全く違いますから、見間違う事は無いでしょうけど、むしろジャノヒゲと似ているかもしれません。
葉っぱだけ見たら、ジャノヒゲと区別はつきません。

DSC_5113.jpg
DSC_5105.jpg

8月になってから咲き出すヤブランよりも一足早く、梅雨明け頃から咲きだします。野山の日当たりの良い道の脇などで咲く花です。

ちなみにこちらは、達磨寺の咲き始めたヤブラン(薮蘭) 

DSC_5190.jpg


今日は珍しく連投しましたが、今週は予定がつまっており、次回の投稿は、いつになるかな(; ̄ー ̄)...ン?

では。。

コメント

ヤマユリ

こちらでも満開中w
贅沢気分の、香りの中の散歩ができますw

ヒメヤブランは、今年初めて認識しました。
やけに花のきれいなリュウノヒゲ?と思ったら、ヒメヤブランでした…。
花って、ちょっと、色味や開き加減とかが違うだけで、
ずいぶん違って見えるものだなと…。
(撮影者が違っても、全然別に見えたりしますが…w)

暑さに負けないでね~。

きくちゃん #- | URL | 2014/07/24 18:45 * edit *

Re: ヤマユリ

きくちゃん、おはようございます。
カケフの鳴き声がうるさいわ。

> こちらでも満開中w
贅沢気分の、香りの中の散歩ができますw

すがすがしい山の空気と、ヤマユリの香気ただよう中、目でも楽しみ、散歩する気分は格別かもね。

> ヒメヤブランは、今年初めて認識しました。
やけに花のきれいなリュウノヒゲ?と思ったら、ヒメヤブランでした…。

爺も最初はそう思ったw
でも、この小さな世界もいろいろな花があると知ったら面白くなった。

> 花って、ちょっと、色味や開き加減とかが違うだけで、
ずいぶん違って見えるものだなと…。

光学的、環境的、気象、時間、見る方位などいろいろな条件 が見るときに、それぞれ変化するんで、同じ花でも見方を変えるとぢう世界があるしね。

>(撮影者が違っても、全然別に見えたりしますが…w)

これは場数をこなして、経験し、糧にしていくしかないかも・・・

> 暑さに負けないでね~。

もう、湿気がありすぎて、滝汗でうんざりバテ加減だわ。

そっちも、熱中(趣味も含めて)しすぎて、熱中症にならないようにね。

気まぐれ爺 #SFo5/nok | URL | 2014/07/25 05:31 * edit *

こんにちわ~

またまたお久しぶりのコメントです!
ヤマユリこちらでは あまり見ないですね~
オレンジのオニユリ?だったらよく見るんですが~
なんとなく このユリには近づきたくないです~
だって・・・花粉がすぐついて 
取れにくいんですもん!(-_-;)

そうそう~最近山登りに目覚めました!
今度の日曜日には「オオキツネノカミソリ」
の群生を見に行く予定です~

お互い暑さに負けずに頑張りましょうね~
熱中症には お気をつけくださいv-392

あねさん #- | URL | 2014/07/25 10:07 * edit *

Re: タイトルなし

あねさん、ほんまにお久しぶりです。

今、自分のブログで手一杯で、人様のブログを見る余裕もなくあい済みません。

九州ではヤマユリは自生していないと思う、栽培ものならあるんでしょうが・・・

オニユリ確かに黄色い花粉が多く着きますね。
「立てばシャクヤク 座ればボタン 歩く姿はユリの花」・・・・ざれ歌がありますが、これ、ご承知かと思いますが、美人をそれぞれの花の美しさに例えたものですが、赤系のコオニユリ、オニユリ、白系のヤマユリの三種が鱗茎(ユリ根)を食用とする習慣が日本にはあり、現在でも京料理には欠かせない素材です。
おのおのユリの花姿の美しさばかりでなくいずれの花も婦人病に効く薬草で、女性が服用すると綺麗になる意味もあるで毛嫌いせずに花粉を浴びてくださいまし。(・-・*)ヌフフ♪...

あねさんも山登りをするようになったんですね。
苦労して登った先に見えるものが、新鮮な感動を与えてくれるときって、登ってきたときの疲れも吹き飛びますよね。

九州ですから、訪ねるのは、多くある群生地のなかでも地理的に近いもしかしたら、糸島市の井原山のオオキツネノカミソリの群生地でしょうかね。
こちらでは、オオがつかないキツネノカミソリなので、自然の中で咲くオオキツネノカミソリを一度見てみたいですね。

いいなぁ~♪

年を越すごとに、年々暑くなって行く気がするんで、ほんまに、湿気のある暑さは、何もしなくても体に堪えますわ。

とはいえ、暑くなるものは避けようがないので、コマ目に体調管理して乗り切りますわ。

あねさんもね。(^_-)---☆Wink

気まぐれ爺 #SFo5/nok | URL | 2014/07/26 17:25 * edit *

ご無沙汰してます。

夏休み+姑様の体調不良で なかなかお邪魔できなくなってます。

毎日 暑いです。
溶けて流れて行けそうです(無理ですけど・・・)v-40

うわぁ 清々しいなぁ
なんだかここだけ別の清涼感が漂っているようです。v-22

げっ 百合って あまり群生しているイメージがなかったので・・・。
こんなにまとまって咲く事あるんですね。

あれ?
ヤブランって 庭に植える事可能なのかな?
実家の庭に沢山咲いてた記憶が・・・。

暑さの中 涼を感じる事ができました。
ありがとうございました。

夏バテなさいませんように・・・。

アンパンウーマン(MGかーさん) #mbwhQQ6o | URL | 2014/07/27 14:50 * edit *

Re: ご無沙汰してます。


こんばんわ。

そちらも、暑さが続く中、清涼感あふれるだけでは、ぬぐえないことがあるようで、いろいろと大変ですね。

岩場に自生するヤマユリの群生は、壮観ですし、岩場から吹く微風に乗って甘い香りが漂ってくるし、しばし暑さを忘れますわ。

ヤブランは、グランドカバーとして、利用可能なはずです。

薄暗い草陰できらりと咲く姿もおつですね。

年々厳しくなる猛暑、お互いこまめな体調管理を心がけたいですね。

気まぐれ爺 #SFo5/nok | URL | 2014/07/27 23:26 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://10410san.blog.fc2.com/tb.php/424-38142351
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。