FC2ブログ

『光と影』

旧ブログ気まぐれ童人の流れをくみながらも、いち写真家としての独自の感性を強くしていきたいという思いから、『光と影』と成りました。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | コメント: -- | edit

2014年4月13日(日曜日)の続編たるスミレ特集です。 


雨上がりの朝、気持ちの良い青空が広がり、吹く風の心地よさにツーリングに出かけたくなります。

今日は、2014年4月13日(日曜日)の続編たるスミレ特集です。

必ずしも、4月13日に撮影したものだけで構成しているわけではないことを予めお断りしておきます。

まだ春浅く、咲く花が少ない時期、軽井沢植物園の廃墟(; ̄ー ̄)...ン?化したミニ温室のわきの陽だまりに、なぜか南国のスミレ「ツクシスミレ」が咲いている不思議さに首をかしげつ、碓井バイパスへ。

DSC_8779s_20140419112304b43.jpg
スミレの同定は、ややこしくてむずい面もあり、誤記載があるかもしれません。ペコm(_ _;m)三(m;_ _)mペコ

軽井沢から、安中市雲門寺へ抜ける松井田バイパス~一㌔ほど入った県道沿いに咲いていた二つの群生から。

スミレの仲間の中では、最も早く咲くアオイスミレ(葵菫)

DSC_8879.jpg
DSC_8859.jpg
DSC_8875.jpg
DSC_8854.jpg
DSC_8832.jpg

スミレとノジスミレの自然交配種たるオオミヤスミレ(大宮菫)かな(; ̄ー ̄)...ン?

DSC_1843_20140419091658591.jpg
DSC_8867.jpg
DSC_8869.jpg
DSC_0021.jpg
DSC_0018_20140419091647c42.jpg

タチツボスミレ(立壺菫)と アオイスミレ(葵菫)の混成かも

DSC_1702.jpg
DSC_8843.jpg
DSC_8849.jpg
DSC_8885.jpg
DSC_8894.jpg

ここからは、安中雲門寺のスミレ。

エイザンスミレ(叡山菫)普通は淡紅色の花をつけるけれど、気まぐれ爺のように変化が多いということで,こちらは白花。

DSC_8114.jpg
DSC_8119.jpg
DSC_9887.jpg
DSC_9884.jpg

葉が5列に分裂している様に見えるんでヒゴスミレ(肥後菫)

DSC_8919.jpg
DSC_8924.jpg

フイリミヤマスミレ(斑入深山菫)

DSC_9322.jpg
DSC_9328_20140419094839bb0.jpg
DSC_9333.jpg

もとは、米国原産の園芸用外来種、プリケアナ 今は結構見かけるようになった。

DSC_0008_20140419094852cef.jpg
DSC_8334.jpg
DSC_8314_20140419094826321.jpg

高山では雪解けた後に咲くオオバキスミレ(大葉黄菫)

DSC_1225.jpg
DSC_1239.jpg
DSC_1234.jpg

こちらは昨年の花江乃郷にて。

ビオラソロリアフレックルス(別名:アメリカスミレサイシン)

こちら青いそばかすにためいきでも、恋の悩みでなく美しさにためいきの宿根草なので葉が枯れても毎年芽を出すので、得した気分になるかな(; ̄ー ̄)...ン?

DSC_6526.jpg
DSC_6535.jpg

こちらは南蛇井の本家本元のスミレ(菫)

ただでさえ、スミレの同定は図鑑があっても難しいのに、野生種だけでも60種も生息するとされる野生種のViolet日本代表。

DSC_7584.jpg
DSC_7583.jpg

サッカーもブラジルワールドカップで、青がほえてほしいですわ。

では。。

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://10410san.blog.fc2.com/tb.php/378-dc930031
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。