FC2ブログ

『光と影』

旧ブログ気まぐれ童人の流れをくみながらも、いち写真家としての独自の感性を強くしていきたいという思いから、『光と影』と成りました。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | コメント: -- | edit

2014年4月13日(日曜日) 




こんばんは、今日は初夏の気温で暑かったわ。
いつの間にか、バイクに乗り、風を肌で感じて走る気持ちがいい季節になったね。

気まぐれ爺らしく思いのほか時間が出来て、予定が変わり投稿しますわ。

2014年4月13日(日曜日)撮影時においては、染井吉野がまだ咲いていない標高1000mの軽井沢とそろそろ散りはじめようとしていた標高約300mの安中雲門寺とでは、県境越しでそれほど距離が離れていないとはいえ季節感がまるで違い、未だ春遅いセリバオウレンの軽井沢、かたや晩春を迎えて、ミツバアケビやヒメウズなどの花香る安中市雲門寺、昨年の節分草報道で一悶着あって以来の訪問でしたが、すっかり落ち着きを取り戻したようで、以前にまして花寺の雰囲気が濃厚になったような気がしますわ。
軽井沢のセリバオウレンの雄花

両性花に雄花と雌花があるとされ(図鑑によっては解説が違う)、最も多く咲いているのは雄花をつけた株で、雄花の雄しべは、花粉を出す前は中央に寄り添うように集まっていますが、花粉を出し始めると、外に向かって倒れていき花火のように雄しべを広げていきます。
雄花には、雄しべだけをもつ花と、今回のような赤っぽい色の退化した雌しべが花の中心部に見られる雄花があるようです。

DSC_8648.jpg
DSC_8628_20140416215636266.jpg
DSC_8612.jpg
DSC_8598.jpg
DSC_8594.jpg
DSC_8619.jpg
DSC_8642.jpg
DSC_8708.jpg

安中市雲門寺の春花

ミツバアケビ(三葉通草) 

花序の先端に雄花、基部側に雌花がつき、小葉は卵形で、波形の鋸歯がある。

DSC_8946.jpg
DSC_8945.jpg
DSC_8942_2014041622021195d.jpg
DSC_8957.jpg

ヒメウズ(姫烏頭)

常に花は下向きなので、花姿を捉えづらい5枚の花びらに見えるのはがく片で、本当の花びらは、黄色い筒状になっている部分。
葉を見るとヤマトリカブトの葉に似ているけれどトリカブトの仲間ではなく、和名のウズは、鳥帽(トリカブト)のことであり、葉の形からきていると思われ、小さなトリカブトと言う意味になると思われますが、丸みがかけるけれどオダマキの葉の特徴を受け継ぎ、かってはオダマキ属でヤマオダマキと同じ仲間でしたが、いまはキンポウゲ科ヒメウズ属となります。
百円玉と比較してもらえれば解るが、オダマキの花とは異なり、花は5~6mmとかなり小さい事から独立した属になったのかもしれません。

DSC_9613_20140416220207ef1.jpg
DSC_9514_2014041622022231b.jpg
DSC_9530.jpg
DSC_9504_201404162204551fa.jpg
DSC_9522.jpg

同じキンポウゲ科の小さな花として、ヒメイチゲ(姫一華 )があります。
花は径一cmほどと、一華の仲間のうちでは最も小さい。

DSC_5996.jpg
DSC_6346.jpg

時間が出来て編集投稿できる時はするが、出来ないときは出来ないので、次回、気まぐれ爺は、どっちに転ぶんだろう(; ̄ー ̄)...ン?

では。。

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://10410san.blog.fc2.com/tb.php/376-eb022f5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。