FC2ブログ

『光と影』

旧ブログ気まぐれ童人の流れをくみながらも、いち写真家としての独自の感性を強くしていきたいという思いから、『光と影』と成りました。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | コメント: -- | edit

七輿山古墳(ななこしやまこふん)の桜と歴史の闇部 


日曜日は、寒の戻りも大戻りで、木枯らしが吹きざむ雨まじりの荒れたお天気で、体の心から冷え込む肌寒さに、花見見物もそこそこに済ませて帰る見物客がほとんどでしたが、なかには花見の宴としゃれ込んでいる強者もいるし・・・

今日は、春らしいの陽気になるそうで、朝と昼の寒暖の差が激しく体がだるくなり、体調管理も大変そうなので、皆様も自愛してくださいませ。

昨日、2014年4月6日撮影の七輿山古墳(ななこしやまこふん)の桜と歴史の闇部で纏めて見ました。

DSC_7242.jpg

七輿山古墳の入り口には「七輿の門」という展示室にお手洗いと駐車場が整備されて利用しやすい環境となりました。

DSC_7288 (111)
DSC_7297.jpg

前回紹介した群馬県藤岡市にある「白石稲荷山古墳」に、今回紹介する国指定史跡である「七輿山古墳」のほかに「十二塚古墳」「十二塚北古墳」と県指定史跡である「伊勢塚古墳」「皇子塚古墳」「平井地区1号古墳」に市指定史跡である「喜蔵塚古墳」「堀越塚古墳」等が群集する群馬県内最大の古墳群最大の白石古墳群であり、その中核を成す七輿山古墳は、全長145メートル、後円部径87メートル、前方部幅106メートル、前方部と後円部の高さは16メートルという、6世紀代の古墳としては東日本最大級の前方後円墳として、また桜の名所としても有名です。

DSC_0637.jpg



七輿の門がある北側からの前方後円墳の全容

DSC_0667sp.jpg

全長145メートルもある巨大古墳を撮るには南側で、24mmの広角が必要で、七輿の門がある北側からだと、かなり離れて撮っているにもかかわらず広角でも12mmでないとD700ではワンショットで収まりませんわ。

ほぼ南側からの前方後円墳の全容

DSC_0492.jpg

東側からの後円丘の全貌

DSC_0676_20140406214831c18.jpg
DSC_0682.jpg

このような立派な掲示板がある一方で、闇に埋もれたかのように何の説明すらされていない歴史の暗部たるものも存在します。

DSC_0537_2014040621482397f.jpg

後円丘の中腹や丘の頂上には、五百羅漢や六地蔵に釈迦三尊などの石造物がありますが、ほとんどの石像の首が破壊され、もぎ取られた首なしの無惨な姿に晒されています。
五百羅漢などは、破壊行為がなくても決して気分が良いものではありませんが、こうも明け透けと目のあたりにすると、花見気分も吹っ飛んで半絶です。

DSC_0688_201404062148103bf.jpg

気分を滅入らせるこれらの首なし石仏は明治の廃仏毀釈のあおりで破壊されたものです。

DSC_0694.jpg

「廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)」とは、神道(天皇制)を基盤とする国家体制を目指す、明治維新政府の方針に従って、明治初年に太政官布告「神仏分離令」が、続いて、明治3年に詔書「大教宣布」が発せられました。
千数百年もの間、神仏が混然と一体になった信仰や習俗だったものが、突如分離され、神道が国教ともみなされました。
その際に信仰否定する「仏教の排斥運動」が起こり、全国各地で廃寺や寺院の施設から仏像に仏具の破壊などがなされました。

DSC_0699.jpg

まるで新たなる国家による村八分のようなある意味において、幼稚なテロ行為ですね。
人の無知なる集団心理に突き動かされるとき、歴史は悪い方向に動くものなんでしょうかね。
痛ましくも不気味な後円丘の中腹の五百羅漢の石像に、丘の頂上の釈迦三尊の無惨に変わり果てた姿にいわれなき破壊の恐怖がわきあがります。
時代に翻弄される庶民の見本のようで、今の消費税も我慢から破綻へ繋がらなければよいのですが、まがい物のカリスマを持った人のたわ言で棲めばえけどね。
下手すれば日本人、総首なしなんてないとも限りませんわ。

今回はここまでとし、後は後編にて。

都合により、「桜咲く時期の何気ない哀愁ただようかもしれない風景です。」の投稿予定を変更し、七輿山古墳の桜になりましたが、次回の内容を如何するかは未定です。

では。。

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://10410san.blog.fc2.com/tb.php/369-1611d38d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。