FC2ブログ

『光と影』

旧ブログ気まぐれ童人の流れをくみながらも、いち写真家としての独自の感性を強くしていきたいという思いから、『光と影』と成りました。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | コメント: -- | edit

小鹿野町両神・堂上の節分草の後編 


こんにちは、気まぐれ爺です。

日曜日の今日は、あいにくの雨模様のなか低木系の花、雪柳、連翹、木瓜といつの間にやら色彩が華やかになってきた街中です。

カタクリが見頃を向かえ、雨に打たれる姿を撮ろうかとも思案したけれども、一般見学者の邪魔にならない方法でカメラが濡れない処置を施しょうがないので、この記事を書いてますわ。

秩父にて咲く花の中で一番雪の影響を受けたであろう小鹿野町両神・堂上の節分草の後編です。

小鹿野町両神・堂上地区の節分草は日本有数といわれる管理自生地ならばの節分草の咲く密度が濃く(今年は雪の影響で少ない)なかには愛好家には羨望の変わった花が見られることですかね。
園内でも咲いている場所はほぼ毎年同じなので、探してみて見つからなかったら係りの人に聞いて教えてもらうのがよいかも・・・

DSC_6083.jpg
DSC_6348.jpg
DSC_6014.jpg
DSC_5959.jpg
DSC_5884.jpg
DSC_5953.jpg

今年の節分草は、雪のかなに一ヵ月半閉じ込められ、雪を退けた、または溶けた場所から咲き始め、なかには本来咲く頃も20日以上遅かったものもあるし、雪中に閉じ込められた影響か、黄色ぽい固体が結構あったわ。

DSC_5948_20140330124638e28.jpg
DSC_6323.jpg
DSC_6317.jpg
DSC_6157.jpg

花弁(ガク)が六枚でも、全体に丸みがある固体はバランス的にもしっくり来ますね。

DSC_6039.jpg
DSC_5942.jpg
DSC_5945.jpg

雪の影響とは関係なく咲く緑茎の節分草です。
これを青軸節分草ともいい、いわゆる節分草の色素が抜けるアルビノで、両神村堂上のは毎年ほぼ同じ場所に出現します。

DSC_5919.jpg
DSC_5935.jpg
DSC_5933.jpg

雪の中から花弁をのぞかせているピンクの節分草

DSC_6309.jpg

爺もピンクの節分草の花開いた姿を見る機会はそれほど多くはありませんし、そんなときに限って今まではカメラを持ち合わせていなくて撮影すらしてないですしね。

ほんま、今回はラッキー\(^^\)(/^^)/チャチャチャでした。
惜しまれるのは、もう一日撮影が遅ければ、完全な姿で撮れたんですけれどね。

こちらの写真は、花蝶風月様より参考のために拝借したものです。

借物 節分草画像

こちらは、薄紫がかった石間の節分草

DSC_5567.jpg

八重咲きの節分草は(・_・o)ン? (o・_・)ン? (o・_・o)ン?

(-。-;)今回は見つからなかったw

これも雪の影響かな(; ̄ー ̄)...ン?

仕方がないので、昨年撮ったものをUPします。

DSC_8825.jpg

こちらは花弁が四枚のもの

DSC_6424.jpg

では。。

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://10410san.blog.fc2.com/tb.php/363-32bfaaa5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。