『光と影』

旧ブログ気まぐれ童人の流れをくみながらも、いち写真家としての独自の感性を強くしていきたいという思いから、『光と影』と成りました。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | コメント: -- | edit

高崎展望花の丘蝋梅園からの夕焼け 


おはようございます。
鳥インフルエンザの猛威で生きた鳥に近づかないように注意勧告が出ているか?
バードウオッチングもバードハウスなど鳥と人の接点が多い場所は避けるべきなんでしょうかね。
どうなんでしょうかね。

DSC_1569.jpg
DSC_5917.jpg
DSC_5901.jpg
DSC_5922.jpg
DSC_5880sp.jpg

最後の一枚は創作(逆光の鳥は埋め込み)

では。。
スポンサーサイト

観音山野鳥の森の常連たち 

大寒を過ぎてから寒暖の差が大きくなってきましたね。
これも春への足音なんでしょうね。
こうなると観音山丘陵で冬を越していた鳥も渡りの準備に入る日が近くなってきたということでしょう。

DSC_1634.jpg
DSC_1668.jpg
DSC_1822_20140128053920a25.jpg
DSC_1804.jpg
DSC_1877.jpg
DSC_1838.jpg
DSC_1858.jpg

爺が見慣れた観音山丘陵の野鳥、四十雀、メジロ、ヤマガラ、ウソなどは都会の公園でよく見かけるらしいけれど、都会で目にするようになったのは、ここ数十年(1970年代)らしい。
一度いなくなったカワセミも川が綺麗になったところでは戻ってきているらしいね。
キジバト、かつては「ヤマバト」だった彼らもいまやすっかり「マチバト」だ。

DSC_1900_201401280624387d9.jpg

外来のソウシチョウとか、日本で一番小さい野鳥キクイタダキ等はこちらではあんまり見かけないけれど、都会の寺院とか公園等では比較的見かけるしね。

逆にこちらでよく見かけるエナガ君の場合はどうなんだろう。

DSC_1682.jpg
DSC_1689_201401280548468ea.jpg
DSC_1690.jpg
DSC_1695.jpg
DSC_1739.jpg
DSC_17400.jpg
DSC_1745.jpg
DSC_1748.jpg

まるい、ちいさい、ふわふわしている…「カワイイ」の条件をすべて満たす小鳥エナガ君、日本の森ならばどこにいても不思議ではない。
ねぐらも最近は都会の街路樹にあることからも、エナガファンはよく目にするのかも・・・

減少傾向にあるのが『雀』チッチッと朝のさえずりを大きな集団で目にする機会がめっきり少なくなった気がする。

では。。

続編、高崎染物植物園の「はなたらずの福」 

福メッセ
DSC_6682.jpg
DSC_6708.jpg
DSC_6722_20140126124127ea1.jpg
DSC_6687.jpg
DSC_6673.jpg
福メッセ1の0
DSC_6738.jpg
DSC_6745.jpg
DSC_6816.jpg
DSC_6756_20140126124808c32.jpg
DSC_6771.jpg
DSC_6648.jpg
福メッセ1
DSC_6834.jpg
DSC_6855.jpg
DSC_6641.jpg
DSC_6868.jpg
DSC_6668.jpg
DSC_6854.jpg

はなたらずの福ちゃん、帰っちゃったんで、ここからは、気まぐれ爺が送りします。

野鳥は次回にしょうと思ったが、こちらで
-- 続きを読む --

前回の続き オリキャラ「はなたらずの福」 


こんばんは、気まぐれ爺らしい気まぐれぶりからスタートです。( *´艸`)

福寿草の福ちゃん

DSC_6598.jpg
DSC_6604.jpg
DSC_6636.jpg

DSC_6019.jpg

無性に茶器をそえたい。

DSC_4474.jpg
DSC_6288_201401231953022f0.jpg

福ちゃん

何が幸いするか、はぎれの良い福ちゃん、商売繁盛、縁結びにご利益があるかも・・・・

興がさめる行い。 





気まぐれじいです。
正月早々の昨日、思わぬもらい物をして、いままでの中でも記憶にない苦しみを背負い込んでしまいましたわ。
訳は某オレンジマークのコンビニで買ったチキンカツ弁当で食中毒になりました。
昨日は一歩も動けなく地獄の苦しみで脂汗でっぱなし、やっと今日になり楽になったとはいえ、外へ出られるほど回復してませんが、いま巷で流行しているノロウイルスでなかったのがせめての救いですが、それでも参りました。

地獄の苦しみを味わっている昨日、地方新聞『上毛』に高崎染物植物園の福寿草開花の紹介記事がありましたが、この福寿草を目にしたカメラマンもさぞかし撮り難かったのではないかと。

訳は1月19日の朝、じいの前に一番咲きの福寿草をスマホで撮ったおやじの興がさめる行いにありました。

福寿草の花びら

DSC_6583.jpg
DSC_6572.jpg

次に花開くであろうこちらの福寿草に期待を寄せておきます。

DSC_6576.jpg

大寒を越えたとはいえまだ厳しい寒さやけれども、

DSC_6113_201401220939181c6.jpg

春はそれでもふくらんでいる。

DSC_6010.jpg
DSC_6101.jpg
DSC_4757.jpg
DSC_6264.jpg
DSC_6297.jpg
DSC_4488.jpg

物臭せずに自炊すんべ、あの苦しみはもうこりごりや!!

黄色とくれない色に春が描かれた 


昨年来からの忙しさにかまけて、皆様への訪問をすることなく梨のつぶてなのにもかかわらず皆様方には爺のつたないブログへ多くご訪問を頂き恐縮しながらも有り難たく思っております。

DSC_6054.jpg
DSC_6385.jpg
DSC_6227.jpg
DSC_6156.jpg
DSC_6320.jpg
DSC_6363.jpg
DSC_6330.jpg
DSC_6307.jpg
DSC_6562.jpg
DSC_6462.jpg
DSC_6514.jpg
DSC_6201.jpg
DSC_5985.jpg
DSC_6135.jpg
DSC_6139.jpg
DSC_6522.jpg
DSC_6237.jpg
DSC_6175.jpg
DSC_6167_2014011923150955b.jpg
DSC_6169.jpg

今回は写真に記事を貼り付ける形にしたので、読みにくかったかな?
明け方の雪がのこり、空っ風が強烈に吹き込む肌寒い天気ながら、新たな相棒(バイク)は苦もなく凍結した路面を走ったけれど、前の相棒だったら、即転倒だったろうな。
この微妙な神経の気苦労が解消されたことは、今後の写真活動にプラスだわ。

では。。

落字、誤字が多くてすみません。
写真修正面倒なんでこのまま見切ります。

鼻高展望花の丘の夕日と蝋梅 

こんばんは、昨日ホンダ・フォルツァ (BA-MF06絶版車初期のアナログタイプ)が納車しました。
blogをはじめてから四台目の相棒です。
前相棒の機嫌が悪くなってから、寒さでタイヤが硬くなったり、エンジンが突然カーブでストールして転倒しそうになったり、スターターが回りぱなしで山の中でバッテリーが上がったり結構危ない目にあっているので、精神的に出かける気にもなれなかったんだが、今回はホンダやし乗る安心感があってなおかつラクチンなBCになりました。

DSC_1567.jpg

早速、いままで閉篭もっていた鬱憤を晴らすがごとく鼻高展望花の丘へちょぃ乗りしてきました。

DSC_1584.jpg

一番寒さつのる大寒の二日前にもかかわらず、あちらこちらでロウバイの花が開花して、甘い香りを運んできています。

DSC_1515.jpg
DSC_1521.jpg
DSC_1493.jpg

花の中心部が暗紫色その周囲が黄色の基本種のロウバイと似るが、この花は花の中心部に紫褐色の輪が入り、これを満月に見立てて名前がついた栽培種の「マンゲツ・ロウバイ(満月蝋梅)」です。

DSC_1464.jpg
DSC_1483.jpg
DSC_5874.jpg
DSC_1463.jpg

夕日に映える蝋梅、眺望のよい鼻高展望花の丘ならではの光景かも・・・

DSC_1534.jpg
DSC_1543.jpg
DSC_1556.jpg

安心して乗れる相棒が手に入ったことだし、冬の空気の中、春の色を求めて出かけてくるかな。

って、楽すぎて居眠り運転しなければ良いんだが・・・(´・∀・`)アラマァ

では。。

観音山にて 

こんばんは、気まぐれ爺です。

一月も半ばになると、水仙や蝋梅もあちらこちらで見かけるようになりましたけれど、今年はさむーーーーいわ。

DSC_5109.jpg
DSC_5124.jpg
DSC_5107.jpg
ルリビタキ87

では。。と逃げーーー

ハイブリッド化 



こんばんは、気まぐれ爺です。

爺的に皆様とのコミットが出来かねる状態が続いている中、ご訪問下さりありがとうございます。

今回は果てが語り部とは何の脈拍もない写真で構成していることをお詫びしておきます。

こんな寒さ募る街中で咲いていた。
DSC_5719.jpg
DSC_5723.jpg

北極圏の氷の減少で気圧が関連して寒波のなかれ道が出来かなり厳しい寒さが続いている北半球の各地ですね。
フリーザー漫画キャラでなく冷蔵庫、強い寒気の影響で道内は各地で冷え込みが強まり、道北の枝幸町歌登と中頓別町で氷点下29度5分を観測するなど冷凍庫のほうが暖かいなんて笑えないある意味でエコ的な日々が続いて大変というか、関東では想像もつかない極寒の世界ですね。

凍え枯れっていう表現ないんだろうけれど。

DSC_5733.jpg
DSC_5728.jpg

今宵は少々爺のたわごとにお付き合いくださいませ。

爺は車の運転はしません。というか今は免許がないんですわ。
免許がないというと飲酒運転あるいは人身事故で免許失効と想像しがちですが、そうでなく運転すると即眠り運転してしまいそうなほど、瞬時に寝てしまう特技があって、自動車の運転は鬼門なので、普通自動車免許は新更しなかったんです。
自動二輪なら、それでも風を感じて走るから眠気も何とかなるんで移動手段に使っています。
でも居眠りで深夜の仙台を走っちゃった経験あるしなぁ~

まあ、要点をいえば、今はバイクでしか、手短に撮影場所に移動できる手段がないんですわ。

DSC_5743.jpg
DSC_5747.jpg

冬場の凍結に雪結が苦手なバイクと寒さが苦手な爺の取り合わせですから、冬風景を撮るなんて夢のまた夢、利休さんどうように茶を立ててぬっくりしてしまいがちですわ。

DSC_5856.jpg
DSC_5862.jpg

ブログをはじめてからは、三台目になる相棒も命に関わる不具合もでて来ているし実際、彼岸花の親戚が咲く冬道三途の川を渡りそうな際どい目にもあってるし、遠出する気にもなれない要因があるんですわ。
爺も命あってのものだねですから、安全第一信頼の国産になる四台目の相棒へバトンダッチすることにしました。
爺も寄る年波には勝てず、物臭ラクチン主義者に成り果て、BC(ビックバイク)を購入することにしたんだが、車のハイブリッドではないが、バイクもハイブリッドの様相が濃く、到り付くせりの装備、バイクという乗り物としてよりもデジタル玩具見たいな感じがしすぎてなじめなく、アナログのにおいがする状態のよい初期のタイプ(BA-MF06型フォルツァ(絶版車))を探していたんだがようやく爺の御めがねに叶うものが見つかったんで、本日購入したわ。
とはいえ、冬場は乗ることに制約が多いことには変わりがないが、今までよりも撮影に出かける機会は増えそうだわ。

時にはカタバミなれどタカバミでもええわ見たいなおおらかさもいるかも。


DSC_5779.jpg
DSC_5783.jpg

機械的な手順を省くような便利さが良い見たいなハイブリッド化の波と何もかも到り付くせりの便利さから繰るわずらわしさと不便ではあるが動かすということの手順を行うことの儀式みたいなわずらわしい中にある豊かさを天秤にかけると自然とどちらが本当のエコロジーだか解りそうなんだけれどね。

と爺のたわごとでした。

野良は野良らしいから野良なんだ!!

DSC_5767.jpg
DSC_5774.jpg

癖があるから味わいがある。

マニュアル化したマック、コンビニの受け答えに人間味のある魅力を見出せるかい!!

押し付けられた計略されたマスコミもどきって、探せば巷にはいっぱい溢れているわ。

では、取り留めのない駄文〆ます。

ダルマ模様 

気まぐれ爺です。

こんばんわ。

少林山七草大祭へ行けないことを念頭において初詣の画像の中から『だるま』にかかわる人間模様をギャラリー化して作成してあったのだけれど、当日になって都合がつき、少林山七草大祭へ出かけることができ出しそびれたフォトを引っ張り出しました。

ダルマに関わる様。

DSC_4047.jpg
DSC_4893.jpg
DSC_4626.jpg
DSC_4546_20140110203320054.jpg
DSC_5032.jpg

奉納ダルマよりもサイズが一回り大きくなっているので、願かけが叶ったんですね。
望みが叶うと次の年は一回りサイズが大きくなるのが慣わしです。

DSC_4954.jpg
DSC_4945.jpg
DSC_4947.jpg
DSC_4867.jpg
DSC_4869.jpg
DSC_5012.jpg
DSC_4962.jpg
DSC_4963.jpg

おみくじに関わる様。

なかにはおみくじに関係なく爺の好みが色濃い展開があり相済みません。

DSC_5021.jpg
DSC_5015.jpg
DSC_4630.jpg
DSC_4944.jpg
DSC_4942.jpg
DSC_4632.jpg
DSC_4761.jpg
DSC_4925.jpg
DSC_4927.jpg
DSC_4929.jpg
DSC_4765.jpg
DSC_4802.jpg
DSC_4940.jpg
DSC_4959.jpg

ちなみにこちらは観音様の十二支干お御籤です。

DSC_5131jpg.jpg

いろいろなかかわりが見えてくるから人間模様って面白い。
-- 続きを読む --

純白の輝き 


さて、今日は雨模様で一段と寒い我が街。
夜半には雪になりそうな寒空のなか、仕事の帰りふと土手を見るとラッパズイセンが咲いていました。
初春でも花は知らぬ間に咲いているんですね。

わずかな暇を見つけて出かけた観音山は徳明園へお目当ての瑠璃鶲には出会えたけれども撮ることは叶わず、冬晴れの太陽の日差しが降り注ぐ陽だまりに咲いていたスノーランドをパチリ。

DSC_5179.jpg
DSC_5212.jpg
DSC_5186.jpg
DSC_5221.jpg
DSC_5211.jpg
DSC_5208.jpg

この日差しを浴びて眩しいくらい花びらが透きとおって綺麗でした。
花びらの枚数が一番多い季節ならではの光景でしょうか。

花咲く陽だまりはホッとする春の暖かさに満ちていました。

少林山七草大祭 

おはようございます。

今日は2014年1月7日火曜日ですが、昨夜から夜通し開催されている少林山七草大祭、今年は仕事の都合で断念していたんだけれども、都合がついたんで行ってきました。
市は、6日の夜から7日の未明にかけて最高潮を迎え、毎年この2日間で,約30万人の人出と言われ、初春の縁起物を求めて訪れます。
今年は例年になく人出が多かったんで、30万人を超えるかも・・・

そんな市のさわりのを

DSC_5692pro.jpg
DSC_1316pro.jpg
DSC_1335pro.jpg
DSC_13430pro.jpg
DSC_5367pro.jpg

達磨を買ったら開眼してもらうパターンが一番多い。

DSC_5346pro.jpg

うえもそうだが蝋梅と欠け月は手持ち撮影なんでピンアマなのは勘弁してくだされ、逆に甘いことで風情があるかも・・・

DSC_1392pro.jpg
DSC_1183pro.jpg
DSC_5638pro.jpg
DSC_1378pro.jpg

少林寺の蝋梅、いずれは九十九神になるんじゃないかと思うほどに樹に神々しさがあるんで、凹んでいる時、なんか励まされているような錯覚を感じますわ。

記事へのコメントをいただきすみません。
後できちんとご返事しますので良しなに。

元旦に香る 



明けましておめでとう!(*´∀`)o∠☆゚+。*゚PAN!!★゚+。*゚ございます。

って、爺的には何がめでたいのかさっぱりわかんないくらい。

年越しはお年賀作成で徹夜、毎年恒例のことやけれど、元旦初詣は、小林山達磨寺に参拝の後、観音山へ。

その後、昨年来の忙しさの付けが回って、過労の蓄積もあり寝正月になっちゃいました。
おかげで、ご近所もこちらの皆様へのお年賀挨拶もまだしてないわ。

爺のblog、一年の初めはやっぱり、小林山達磨寺の黄色い花 『蝋梅』から始まるんかもな。

DSC_4643.jpg

今年は、寒蝋梅、一週間開花が早かったそうで、季節風が吹きつける寒々とした元旦にもかかわらず、綺麗に花つぼみを揃えて咲き始めていました。

DSC_4967.jpg

数十年なかつたと思うけれど、今年から復活した古ぼけたネームプレート、花芽保護のためにおみくじ結ばないようにするためらしい。

そういえば、毎年、花芽がたくさん落ちていたわ。

DSC_4814.jpg
DSC_4842.jpg

ネームプレート文字が古ぼけて読みづらいけれど、『かんろうばい』 とあるが、ほんまは花全体が黄色のソシンロウバイ(素心蝋梅)の早咲き種と思われる。
寒蝋梅という名称は、正式には存在しまいが、梅にたとえて、寒梅の寒をあてたのではないかと思う。

DSC_4784.jpg
DSC_4797.jpg
DSC_4790.jpg

特にご年配参拝者は、蝋梅の香りを花びらを近づけて確認していたけれど、かすかなな香りを楽しめたかはわからんわ。

DSC_4647.jpg
DSC_4726.jpg
DSC_4716.jpg
DSC_4824.jpg
DSC_4736_20140104055049dbf.jpg

少林寺だるま寺の一大イベント、蝋梅の花香る1月6日・7日に開かれる『七草大祭だるま市』今年は都合がつかずいけそうもないのが残念、というか。

福寿草咲く季節まで、長引きそうな忙しさかもね。

では、今年もよい年をお過ごしくださいませ。

謹賀新年 

一角獣とフジヤマ

「無事是名馬」

天馬と朝焼けのフジヤマ

気まぐれ爺が最も好きな創作なだけに、三つも創ってしましたわ。(;´д`)=3トホホ・・

何はともあれ本年も気まぐれ爺を宜しくお引き立て下さいます様お願い申し上げます。ともに、皆様にとって健やかで穏やかな日々が続く一年でありますように。

追加投稿。

今年最初の作品が絵画となりました。

馬頭星雲と富士山絵画

写真以外も以前はよく投稿していたんだけれど、載せなくなったんで載せるように気をくばるかな。

御年賀の挨拶もせにやならんし、どないすんべぇ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。