『光と影』

旧ブログ気まぐれ童人の流れをくみながらも、いち写真家としての独自の感性を強くしていきたいという思いから、『光と影』と成りました。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | コメント: -- | edit

2015年の敷島浄水場のクルメツツジ一般公開日 


身体なれ体調管理が追いつかないほどに、夏本番差ながらの暑い日が続いており、┌┤´д`├┐ダル~体を引きずっている気まぐれ爺ですが、皆様はいかがお過ごしですか(; ̄ー ̄)...ン?

DSC_8385.jpg

敷島浄水場は、群馬県前橋市にあり、昭和4年から前橋市民に安全な水を供給し続けてきました。

貯水場は、通年一般の立ち入りが禁止されているところですけれども、ひとつだけ例外があります。

貯水場は、クルメツツジの名所であり、ツツジが見頃の時期のGWに一般公開されます。

DSC_8230_201505271905056ce.jpg

今年の一般公開日は、5月3日から5月5日までの3日間で敷島公園の隣にある、浄水場内には昭和26年5月に北米シアトルから贈られたポンテローザ松や久留米市より移植したクルメツツジを中心に、約40種370本のツツジがあるようでです。
その中には、昭和2年に創設と同時に植樹たれた樹齢170年を越える久留米ツツジも存在です。

DSC_8239.jpg

見ごろの時期は、例年4月下旬から5月上旬で、6万平方メートルを超える敷地には、鮮やかな色彩を放ち赤・白・ピンクのつつじが場内に咲き誇ります。
前橋市のつつじの名所だけあって、見応えは十分です。

DSC_8315.jpg

クルメツツジの名前をはじめて聞いたときは、勘違いしていて、

「グルメツツジねぇ~」

京都のモミジと同じく天ぷらにでもして食べるのかなーなんて思って、もう一度よく見たら「クルメツヅジ」だったw

そうそう、京都といえば、京都の蹴上浄水場もこの時期GW後半にツツジを一般公開しているらしいです。

他はどうなんだろう(; ̄ー ̄)...ン?

クルメは久留米から来ているんですね。(-。-;)

DSC_8256.jpg

ツツジの他に、普段公開していない水道施設や併設の水道資料館の見学もできます。

DSC_8350.jpg

期間中は前橋の物産展もおこなわれています。

DSC_8382.jpg

爺が出かけたのは中日の4日(月)で、時折雨交じりの天気で撮影条件は決してよくなかったのですが猛暑もあり満開を過ぎた嫌いがあるかと心配していたのですが、今日が満開だそうで周りの駐車場も大混雑で、多くの人が見学に訪れていました。

DSC_8261_20150527191107a2b.jpg

雨交じりの曇り空なれども、クルメツツジの鮮やかな色彩に目がくらみそうです。
晴天だたら、どんな様相なんでしょうかね。
さぞかし、色彩の洪水なんでしょうね。

DSC_8295_20150527191105965.jpg

DSC_8320_201505271911036c9.jpg

DSC_8306_20150527191100af1.jpg

DSC_8277_201505271911020d0.jpg

DSC_8273_201505271910587f3.jpg

DSC_8259_20150527191921166.jpg

DSC_8289.jpg

国の文化財の指定を受けた、歴史的建造物「配水塔」

DSC_8301.jpg

DSC_8333.jpg

DSC_8348_2015052719191212c.jpg

写真では本来の色彩をうまく表現できていなくてざんねんですが、ほんまに敷島浄水場のクルメツツジの咲き誇る色彩の眩いばかりの美しさは、格別のものがありますので、来年は、機会がありましたら、ぜひお立ち寄りくださいませ。

敷島バラ園top

次回は、こちらになるかも・・・^( ̄ー ̄ )(  ̄ー ̄)^ドコドコ?(; ̄ー ̄)...ン?

では。。
スポンサーサイト

しだれ桜の慈眼寺 


先週の暖かく春らしい陽気から一転、小雨交じりのどんよりとした日曜日の朝を迎えて、心が少々よどんでおります。

春爛漫な陽気のなか、春祭りの催しの出かけたかったのに(ノ_-;)ハア…

仕方がないんで、ブログ記事を書いてます。

DSC_9602_20150404084420771.jpg

前回の記事の中でも触れましたが、きょうは、先週の日曜日撮影した滝の慈眼寺、または、しだれ桜の慈眼寺と地元では親しまれているお寺さんから、早咲きの白いしだれ桜の様子をご覧ください。

DSC_6737_201504040844187ad.jpg

しだれ桜の慈眼寺は、爺のブログで過去に数回、紹介しておりますので、仔細な紹介は省きます。
悪しからず<(_ _)>

DSC_7024.jpg
DSC_7010.jpg
DSC_6793.jpg

ここ数日の暖かさで、しだれ桜の開花はソメイヨシノより1週間程度早いので、早咲きの白のしだれ桜はほぼ満開となり、時折吹く穏やかな風のなか、花びらが舞って散り始めています。

DSC_7015.jpg
DSC_7019.jpg

エドヒガンの変種 とされる代表的な品種のしだれ桜である遅咲きの濃いピンクの桜はまだまだのようです。

DSC_6773.jpg
DSC_6809.jpg
DSC_6785.jpg

しだれ桜とは、朝鮮原産のエドヒガンの変種で枝が枝垂れるものをいう。
別名、イトザクラともよばれる。
開花時期は4月で数種類の品種が知られている。

DSC_9581.jpg

爺の主観なのであてにしないで貰いたいが、華敷山補陀落院慈眼寺は1250年の歴史を持つ、高野山真言宗のお寺であること。

慈眼寺には芭蕉の句碑も境内に建立されており、句として。

桜の木の下で花見をしていると、そこに花びらが散ってきて、

おかげで汁椀といわず膾といわず、

何もかも花びらで一杯になってしまう

と銘され、古来よりしだれ桜の名所として知られていた事が伺えます。

DSC_7014_2015040408515702f.jpg
DSC_6818.jpg
DSC_9695.jpg

1250年まえの昔、聖武天皇の御代に良弁僧正が慈眼寺を開創された後、南北朝の末、中興の折に乗弘大徳が『本尊聖観音の慈悲を里人に』との願いを込めて植えられたのが、慈眼寺のしだれ桜です。

とお寺さんの紹介記事があります。

DSC_6761.jpg
DSC_6790.jpg
DSC_6813_20150404090021294.jpg

南北朝の末、中興の折に乗弘大徳が『本尊聖観音の慈悲を里人に』との願いを込めて植えられたのが、慈眼寺のしだれ桜、朝鮮原産のエドヒガンの変種とされるしだれ桜がこの当時、朝鮮より持ち込まれた可能性も否定できないのではないかと思うわけで、その由緒ありそうな風格あるしだれ桜が時は流れ、移り変わる人の世相を鑑み、650年の間咲き続け、日本の心たる原琉たるおもい。
古風な寂(さび)や気品高い優雅さを世間に魅せながら、これからも咲き続けるんだろうな。

DSC_9649_20150404090017b5a.jpg

桜にかかる人知れない管理苦労も歴史共にあり、これは並大抵な心構えでは挫折するわ。
関係各位の皆様にはご苦労様です。
花見会が開催され、その日限り時間限定でのライトアップを一部のみに、ことしは止めたのも気苦労なのか?エコ思考のご時世なのか。

DSC_9589_20150404090819e3d.jpg
DSC_9584_2015040409081659c.jpg
DSC_9599.jpg

祭日週末ともなれば、日本人の血が騒ぐのか(; ̄ー ̄)...ン?
多くの花見客が訪れ、被写体の中に必ず入ってしまう。
暇があれば、平日の人の少ないときにじっくりと構えて撮りたいが、そうもいっていられないせちからい現実の前にトークダウン。

DSC_9608.jpg

西側境内にある観音堂、いつも静かで爺が一番好きな空間だが、実はこちらの左側がしだれ桜の本命『少将桜』が咲いている。
現在は三代目のさくららしく、由縁の元である前橋城主少将酒井忠清公が慈眼寺の桜を愛し、ご自身の位階を取ってこの桜を「少将桜」と名付けた遺愛の枝垂れ桜とは思えないほどの細木だから、説明看板も無いから、この小柄な木がそれとは多くの人が気付かないとたろうな。

DSC_9611.jpg

しだれ桜と鐘楼

DSC_7023_20150404090808f1c.jpg
DSC_9654.jpg
DSC_6801_20150404092030bb4.jpg
DSC_9691.jpg

鐘楼と庭池のある南側の裏側から眺める境内が、一番わび情緒があって、好きだなぁ~♪

DSC_9614.jpg
DSC_9620.jpg

写生も暇があればやりたい虫がわく。
そういえば、いつの間にやら虫の湧く季節になったんですね。
目の中に入ってくる黒ろい虫嫌だなあ~(;`O´)oダメーーー!!

DSC_9631_2015040409202499c.jpg

表山門としだれ桜、ここから眺めると見ごたえあるわ。

DSC_9638.jpg
DSC_9644.jpg

記事を長らくお付き合いくださいまして有難う御座います。
一応、慈眼寺のしだれ桜は今回限りの予定です。
桜を撮り、載せる機会があまりない爺ですが、なぜか桜が続きますんでよしなに。

では。。

七輿山古墳(ななこしやまこふん)の桜と歴史の闇部 


日曜日は、寒の戻りも大戻りで、木枯らしが吹きざむ雨まじりの荒れたお天気で、体の心から冷え込む肌寒さに、花見見物もそこそこに済ませて帰る見物客がほとんどでしたが、なかには花見の宴としゃれ込んでいる強者もいるし・・・

今日は、春らしいの陽気になるそうで、朝と昼の寒暖の差が激しく体がだるくなり、体調管理も大変そうなので、皆様も自愛してくださいませ。

昨日、2014年4月6日撮影の七輿山古墳(ななこしやまこふん)の桜と歴史の闇部で纏めて見ました。

DSC_7242.jpg

七輿山古墳の入り口には「七輿の門」という展示室にお手洗いと駐車場が整備されて利用しやすい環境となりました。

DSC_7288 (111)
DSC_7297.jpg

前回紹介した群馬県藤岡市にある「白石稲荷山古墳」に、今回紹介する国指定史跡である「七輿山古墳」のほかに「十二塚古墳」「十二塚北古墳」と県指定史跡である「伊勢塚古墳」「皇子塚古墳」「平井地区1号古墳」に市指定史跡である「喜蔵塚古墳」「堀越塚古墳」等が群集する群馬県内最大の古墳群最大の白石古墳群であり、その中核を成す七輿山古墳は、全長145メートル、後円部径87メートル、前方部幅106メートル、前方部と後円部の高さは16メートルという、6世紀代の古墳としては東日本最大級の前方後円墳として、また桜の名所としても有名です。

DSC_0637.jpg



七輿の門がある北側からの前方後円墳の全容

DSC_0667sp.jpg

全長145メートルもある巨大古墳を撮るには南側で、24mmの広角が必要で、七輿の門がある北側からだと、かなり離れて撮っているにもかかわらず広角でも12mmでないとD700ではワンショットで収まりませんわ。

ほぼ南側からの前方後円墳の全容

DSC_0492.jpg

東側からの後円丘の全貌

DSC_0676_20140406214831c18.jpg
DSC_0682.jpg

このような立派な掲示板がある一方で、闇に埋もれたかのように何の説明すらされていない歴史の暗部たるものも存在します。

DSC_0537_2014040621482397f.jpg

後円丘の中腹や丘の頂上には、五百羅漢や六地蔵に釈迦三尊などの石造物がありますが、ほとんどの石像の首が破壊され、もぎ取られた首なしの無惨な姿に晒されています。
五百羅漢などは、破壊行為がなくても決して気分が良いものではありませんが、こうも明け透けと目のあたりにすると、花見気分も吹っ飛んで半絶です。

DSC_0688_201404062148103bf.jpg

気分を滅入らせるこれらの首なし石仏は明治の廃仏毀釈のあおりで破壊されたものです。

DSC_0694.jpg

「廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)」とは、神道(天皇制)を基盤とする国家体制を目指す、明治維新政府の方針に従って、明治初年に太政官布告「神仏分離令」が、続いて、明治3年に詔書「大教宣布」が発せられました。
千数百年もの間、神仏が混然と一体になった信仰や習俗だったものが、突如分離され、神道が国教ともみなされました。
その際に信仰否定する「仏教の排斥運動」が起こり、全国各地で廃寺や寺院の施設から仏像に仏具の破壊などがなされました。

DSC_0699.jpg

まるで新たなる国家による村八分のようなある意味において、幼稚なテロ行為ですね。
人の無知なる集団心理に突き動かされるとき、歴史は悪い方向に動くものなんでしょうかね。
痛ましくも不気味な後円丘の中腹の五百羅漢の石像に、丘の頂上の釈迦三尊の無惨に変わり果てた姿にいわれなき破壊の恐怖がわきあがります。
時代に翻弄される庶民の見本のようで、今の消費税も我慢から破綻へ繋がらなければよいのですが、まがい物のカリスマを持った人のたわ言で棲めばえけどね。
下手すれば日本人、総首なしなんてないとも限りませんわ。

今回はここまでとし、後は後編にて。

都合により、「桜咲く時期の何気ない哀愁ただようかもしれない風景です。」の投稿予定を変更し、七輿山古墳の桜になりましたが、次回の内容を如何するかは未定です。

では。。

2014・03・16 沼の窪の座禅草と嶺公園の水芭蕉 



こんにちは、春らしい陽気になった今日、3月16日(日曜日)に赤城山麓にある前橋市富士見町沼の窪市有林内の細ヶ沢川の源流に沿って幅50メートル、長さ1300メートルにわたり群生しているザゼンソウ(座禅草)に会いに行ってきました。

DSC_3945.jpg

沼の窪の座禅草の解説

DSC_3944.jpg
DSC_8824.jpg

遊歩道が整備された自生地は、それでも所々に残雪が残っていましたわ。

DSC_8838.jpg

今年の記録的な大雪で、雪の中に埋まっていたザゼンソウ、3月に入り、冷たい雪の中から顔のぞかせて身頃を迎え、すっかり雪が消えかかった今では、見ごろも過ぎ始めているとのことで、いざ! 沼の窪へと相成りました。

DSC_3968.jpg

管理人さん曰く、本年は雪害のうえに、寒さの影響か、例年より心持小さい気がするとのこと。

DSC_3972_201403161918547ed.jpg
DSC_3985.jpg
DSC_4044.jpg
DSC_4053.jpg
DSC_4085.jpg

自身の熱で綺麗に雪を溶かしてますね。

DSC_4141.jpg
DSC_4179_20140316192111adc.jpg
DSC_4294.jpg
DSC_4319.jpg
DSC_4007.jpg
DSC_4349.jpg
DSC_4364.jpg

ザゼンソウを見たら、同じサトイモ科の花である水芭蕉も見たくなるのが人情。

ええ、水芭蕉にも会いに行って来ましたよ。

DSC_8873.jpg

おなじ赤城山南麓の丘陵に作られた嶺公園(前橋市嶺町)美しい自然に恵まれた景勝地にあり、墓地と公園緑地部分を併せ持った計画面積 77.9ヘクタールの、豊かな自然を生かした墓地公園で自然の丘陵に作られたアスレチック系あり、ジャングルジム系あり、自然園あり、水の広場あり、大きな池には水鳥たちを観察できる自然に慣れ親しむ事ができる壮大な墓地公園ですが、墓地特有の暗さはなく、楽しそうに遊ぶ子供達で賑わっているため、墓地という感覚は全くありません。

DSC_8856.jpg

前置きが長くなりましたが、雪も解け、嶺公園のミズバショウが、白く見えてきました。
カタクリの花が咲く前に水芭蕉を見る機会って、そうないと思うんで載せちゃいます。
むろん数株しか咲いていませんけれどね。

DSC_4422.jpg

水芭蕉も雪害の影響なのか(‥ )ン?寒さの影響なのか(‥ )ン? 痛みが激しい個体が多いですね。

DSC_4457.jpg
DSC_4530.jpg
DSC_4634.jpg
DSC_4617.jpg

つやっとした黄色い花リュウキンカ(立金花)も咲いています。
5 枚の花弁のように見えるのは萼片です。

DSC_8897.jpg
DSC_4578.jpg
DSC_4584.jpg

水芭蕉にしろ、立金花しろ、花期は春~初夏にかけてやし、はゃ~~~い!!

こちらでは4月中旬まで楽しめるようです。

クロッカスもあり。

DSC_4482.jpg

いまだ、雪の影響でぬかるんだ場所もありますので気をつけてお出かけくださいませ。

ここ数日、もう咲いているの(‥ )ン? ハナダイコンなど春の色が濃厚になってきた我が地域です。

執り急ぎのアップでしたが、次回はじっくり吟味した上でアップの予定ありですが、春花ラッシュなのでどうなることやら・・・。

では。。

さくらの湯 

こんばんは、気まぐれ爺の里へようこそ。

今年になってから最も暖かく感じる小春日和になった関東平野、仕事の途中で埼玉県幸手市の権現堂堤を通ったのですが、先日の2回の大雪の影響で堤斜面の水仙はほぼ全部が横倒しとなって花もわずかしか咲いていませんでした。
スイセン祭りも2月16日をもって終了としたそうです。

ここ、幸手市の権現堂堤は、桜の名所ですが、そのほかにも、水仙、菜の花、紫陽花、曼珠沙華でも有名で、曼珠沙華( 彼岸花)は、権現堂堤全体が真っ赤に染まり圧巻で一見の価値ありです。

水仙は残念な結果になったけれども、次には、約1kmに渡って続く桜並木と周囲に広がる菜の花畑が織り成す淡いピンクと黄色のコントラストに期待をよせて再訪問してみたいと思いますw

話は変わりますが、昨日の投稿の後、高崎市内では最古の100%天然掛け流しの湯、元々知る人には「不動隠れの湯」と親しまれていた昔ながらの銭湯のような日帰り温泉施設で、いまは「高崎温泉 いやしの里 さくらの湯」として、近年、リニューアルされた温泉に浸かってきました。

DSC_2647.jpg

人に行くかと誘われたら行くけれど、自分から進んで温泉へ行くことはめったいにないんですが、そんな認識はしてなかったけれども大分と並んで群馬は温泉天国なんで、それぞれに違った効能の温泉と変化に富んだ施設も楽しまねばいかんかなぁ~と思いはじめたこのごろでやんす。

と、言いながら、神経痛と乾燥肌に耐えられなくなったのが本音やわ。

今回は撮影許可を得てなかったので、内部撮影は無しなので温泉内部は、「高崎温泉 さくらの湯」←クリックするとリンクに飛びます。で、仔細をご覧ください。

では。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。